年収600万円以上のハイクラスな方と出会える婚活cafe.GRACIA > お知らせ > 成婚物語💖男性再婚、子持ち41歳💑女性薬剤師30歳

成婚物語💖男性再婚、子持ち41歳💑女性薬剤師30歳

成婚物語💖男性再婚、子持ち41歳💑女性薬剤師30歳

https://www.ibjapan.com/area/tokyo/21141/blog/34697/

成婚物語💖男性再婚、子持ち41歳💑女性薬剤師30歳

男性(高志さん(仮名)は、41歳で、前妻との間に2人の男の子がいました。お子さんは前妻の所にいて、彼はまじめに働きながら、毎月十数万の養育費を払って、月1回子供に会えるのを楽しみに生活していました。
前妻との離婚は、親権をどちらかが持つかで揉めましたが、前妻が親権を持つことで落ち着き、養育費と財産分与のためマイホームを売却し、やっと落ち着いた頃に婚活をスタートしました。
彼は、婚活パーティやmixiなどで数人と出会い交際しましたが、しっくりくる方がいないと思っていました。
そこで、友人も入会して活動していた結婚相談所の話をよく聞かされていましたが、「結婚相談所はマダ大丈夫」と結婚相談所は最後の砦として認識していました。
ですが、結婚相談所に入会した友人は直ぐに結婚してしまい、結婚相談所についても、彼の心のハードルが下がったことで、ようやく友人の在籍していた結婚相談所に入会しました。
男性41歳、2人の子持ち(養育費支払い)で婚活は難航するかもと結婚相談所のカウンセラーからは話があり、彼も覚悟はしていました。
カウンセラーからは、離婚の原因を正直に話してくれと言われ、彼なりに次の結婚に向けて反省点や改善点を話しました。また、次の結婚相手の理想像、価値観について、質問され、自分の中にある本当の考えを見つめ直し婚活をスタートしました。
※カウンセラー後日談ですが、仮にご紹介の方であっても、もし、離婚理由が彼の暴力など彼自身に問題があったり、離婚は全て相手が悪かったなどの考えだと入会をお断りする考えもありましたが、彼は全く問題ありませんでした。
高志さんは、結婚相談所に入会後、最初のお申し込みをしました。ダメ元でしたが、近所に住む女性30歳(美香さん(仮名)初婚の薬剤師さんでした。
すると、美香さんからお見合い承諾の連絡があり、お見合いすることになりました。
※お見合いのお申し込みは、実は美香さんも高志さんに、同じ時期に申し込んでおり、運命を感じるお見合いでした。
続きは、ブログで💕